ブログトップ

知恵袋

jtbridge.exblog.jp

パネトーネ

「パネトーネ」は、イタリアのクリスマス用のお菓子パンどす。バターと卵がたっぷりと入ったぜーたくな菓子パンどす。レーズンやオレンジピール、ドレンチェリーやらなんやら、ドライフルーツをふんだんに練りこんだ、風味豊かいな味どす。ドライフルーツをラムお神酒に漬ける時間が長いほど日持ちがしまっせ。

バターがたっぷり入った生地やさかい、生地がだれへんように発酵の温度は低くして時間をかけます。

パネトーネ

◆材料(大、小2個分)
A パネトーネ生地
・強力粉(粉の70パーセント)・・・210g
・薄力粉(粉の30パーセント)・・・90g
・ドライイースト(粉の4パーセント)・・・12g
・牛乳(粉の35パーセント)・・・1/2カップ
・砂糖・・・しとつまみ
・バター(マーガリンかて可)・・・(粉の45パーセント)・・・135g
・砂糖(粉の12パーセント)・・・大さじ4
・塩(粉の1.5パーセント)・・・小さじ1弱(4.5g)
・卵(粉の10パーセント)・・・大1/2個(30g)
・ラム酒(粉の5パーセント)・・・大さじ1
・レモンの皮のすり下ろし・・・小さじ1

B ドライフルーツ(お好みで!)
・レーズン・・・75g
・オレンジピール・・・25g
・ドレンチェリー・・・15g
・プラム・・・35g
・レモン汁・・・小さじ1
・ブレンデー(ラム酒)・・・大さじ1

・溶かしバター・・・大さじ1

*市販の型を用いてもいいやけどアンタ、空き缶で代用できるんでっせ。モモ缶やらなんやらの空き缶に溶かしバターを塗ってパラフィン紙を底と側面に貼り付けます。


◆作り方
*下準備
1.牛乳を40度に温めて、砂糖を混ぜ、イーストを振り入れて10?15分発酵させます。
*水分が少へん生地やさかい、予備発酵させます。
2.強力粉と薄力粉を合わせて数回振るいますわ。
3.ドライフルーツはぬるま湯に浸してもどし、水気を切るんや。レーズンの大きさを目安に他のフルーツを刻み、レモン汁とブランデーに30分以上つけておきます。

*生地作り
1.ボールにバター(マーガリン)を入れて、泡だて器でクリーム状になるまで練り、砂糖と塩、卵の順に加えてよく練り混ぜます。ラム酒とレモンの皮も加えます。
2.1にふるった粉を入れて、発酵したイーストも加えます。
3.2を手につかいなくなるまでこね、台の上に取り出し、なめらかになるまでさらによくこねます。
4.ひとまとめにしてボールに入れ、30度で約1時間発酵させます(第一次発酵)。
5.2倍ほどにふくれたら、ドライフルーツの汁気を切って加え、手ですばやく混ぜます。ひとまとめにしてボールに入れ、もっかい、30度で10?15分発酵させます(第二次発酵)。
6.発酵後ガス抜きをし、生地を缶に入れます。
*生地は缶の半分ほど入れ、上から軽く押だけて霧を吹いて最終発酵します(約1時間?1時間半)。
7.約180度のオーブンで約30分焼きます。熱ゆーちに溶かしバターを塗って出来上がり!
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:20 | 料理レシピ

卵とチーズのポタージュ

「ポタージュ ミル ファンティ(Potage mille fanti)(チーズ入りイタリア風のかき卵スープ)」は、チーズとパン粉を入れて、溶いた卵を入れたスープどす。イタリア風のかき卵汁、といった感じでっしゃろか。「ミルmille」とゆーのは、「ぎょうさん」とゆー意味どす。卵がチーズやパンを包んで小さく固まってぎょうさん浮き上がってくることからこの名前がつきたんや。

パン粉とチーズが入っとることから、お腹持ちがよく、意外とボリュームがある栄養満点のスープどす。簡単にできるさかい是非、挑戦しておくんなはれ。

「ポタージュ ミル ファンティ(Potage mille fanti)」

◆材料(2人分)
・卵・・・1個(50g)
・生パン粉・・・大さじ2
・粉チーズまたはおろしチーズ・・・大さじ1・1/3
・ブイヨン・・・2カップ
*固形スープ1個に水を加えても可。
・塩・・・小さじ2/5
*固形スープを用いる場合は、塩は不要。
・ナツメグ・・・少量

◆作り方
1.ボールに生パン粉、粉チーズ、ナツメグを入れて混ぜ合わせます。
2.卵を割りほぐし、1にちびっとずつ加えていきます。
*卵液を混ぜもって、熱を加えると卵がチーズやパン粉を中に抱き込んで固まるんや。
3.なべにブイヨンを煮立て、塩で味を調えます。
4.火を弱火にし、2を入れます。手はよう泡立て器で1?2分混ぜます。
*絶えず混ぜることでこんまい卵粒さんどす。
5.火を止めて、1分煮ます。卵粒が浮き上がってきたらすぐに火からおろし、おてしょーによそうんや。
6.ナツメグをふって、召し上がれ!
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:18 | 料理レシピ

マレンゴ風揚げ卵

北イタリアのミラノとジェノワの間に、マレンゴ(Marengo)とゆー村がおます。ほんで作らはる名モン卵料理が「Oenfs fruits a la Marengo(ウー フリ ア ラ マレンゴ)」どす。少量の油で揚げた卵にハムやマッシュルームのソースを絡めとっただく手軽な料理どす。トーストした食パンにのせてもらうわ。

せわしい朝にぴったりの料理どす。これに牛乳とサラダを加えれば栄養満点です!

「Oenfs fruits a la Marengo(ウー フリ ア ラ マレンゴ)」(マレンゴ風揚げ卵)

◆材料(2人分)
・卵・・・2個
・塩・・・少々
・コショウ・・・少々
・揚げ油

・食パン・・・厚さ1cmのモン2枚

*ソース
・ハム・・・1枚(20g)
・マッシュルーム・・・2個
・油・・・小さじ1
・ブイヨン(固形スープ+水)・・・1/4カップ
・トマトピュレ・・・大さじ1
・塩・コショウ・・・少々

*付け合せ・・・プチトマトやらなんやら

◆作り方
*下準備
1.食パンはトーストしてバターを塗るんや。
*耳を切り落とし、卵の大きさに合わせて丸くくり抜くとヤツすどす。
2.ソースをこしらえるんや:
(1)ハムは千切りにし、マッシュルームは薄くスライスしまっせ。
(2)(1)のハムとマッシュルームを油で炒めてブイヨンとトマトピュレを加えて1、2分煮ます。
(3)塩・コショウで味を調えます。

*調理
1.フライパンに1cm深さくらいに油を入れて、180度に熱しまっせ。
*油から煙が立ちそへんなくらいが175?180度の油の温度の目安どす。火から鍋を下ろすことで温度を調節しまっせ。
2.別の器に卵を割り、フライパンを傾けて、油がたまったところにそろっと卵をすべるように入れます。
3.卵白があわ立って白くなってきたら、半熟の卵白のヘリをフォークのおさきにひっかけ、卵黄を包みこむようにしてかぶせます。
4.スプーンで油をかけまわしもって、約1分半、全体に均一に焼き色をつけます。さらに裏返して油をかけもって、30秒揚げます。
5.紙やらなんやらを敷いたパットに取り、余分な油を吸わせます。
6.熱ゆーちに塩、コショウをふるんや。
7.おてしょーにトーストしたパンをのせ、そのうえに揚げた卵、さらにソースをかけます。付け合せのトマトを添えて、召し上がれ!
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:16 | 料理レシピ

ミラノ風カツレツ

北イタリアのミラノは、イタリアの首都ローマに次ぐ、北イタリア最大の都市どす。ミラノコレクションやらなんやら、ファッション関連の産業が盛んで、ヤツすな街としても有名でっせぇね。

そのミラノの名モンのカツレツが「ミラノ風カツレツ」どす。揚げへんで、少量の油で炒め焼きした、やや薄めのカツどす。表面に格子状の模様が付いとるほやけど特徴どす。豚肉は肉たたきやらなんやらで軽くたたき、伸ばすことで見た目にボリュームがアップしまっせ。経済的な家庭料理どす。


◆材料(4人分)
・豚赤身肉・・・1枚80gほどを4枚
・揚げ衣(メリケン粉、溶き卵、パン粉各適量)
・油・・・大さじ4
・塩・・・適量
・コショウ・・・適量

*付け合せ
・レモン
・パセリ

◆作り方
1.豚肉は肉たたきか、瓶の底やらなんやらで軽くたたいて薄くのばし、形を整えて包丁の先で筋切りをしまっせ。
2.1の両面に軽く塩、コショウをしまっせ。
3.2の豚肉に揚げ衣をつけます。まず、メリケン粉をまぶし、余分な粉を叩き落として、溶き卵にくぐらせてから、パン粉をつけます。ほんで包丁のみねではすかいに格子状に筋目を入れておきます。
4.フライパンに油を熱し、3の肉をこんがりとキツネ色になるまで揚げ焼きしまっせ。
*盛り付けたときに上になるほうからおさきに入はるのがきれいな仕上がりにするコツどす。
5.おてしょーに盛ったら、レモンとパセリを添えて・・・召し上がれ!

さっぱりとしたサワークリームのサラダといっしょにいただくといいでっしゃろ。揚げ油の処理をしなくてもいいほどやらなんやらで、手軽にこしらえることができるんでっせ。
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:16 | 料理レシピ

バルサミコ酢

黒に近い濃い茶色で、独特の香りでファンがおーい、バルサミコ酢は、オリーブオイルと同様、イタリア料理に欠かすことがでけへんモンどす。バルサミコ(Balsamico)とゆーのは、「芳香がある」とゆー意味のイタリア語どす。その名の通り、他の酢にはへん独特の芳香を放ちます。また、ブドウを原材料とする果実酢であることから、甘みもあり、アイスクリームやらなんやらデザートの隠し味に用いらはることもおます。

次ぎにご紹介するのは、このバルサミコ酢とオリーブオイルの風味が絶妙にマッチした、豚肉のソテーどす。豚肉は、酸味が加わるとさっぱりとおいしくいただけます。白ワインはお肉をやんわりとする効果がおます。

ポークソテーのバルサミコ風味

◆材料(4人分)
・豚肉(ヒレまたはロース)・・・100g×4枚
・マッシュルーム・・・100g
*シメジやエリンギやらなんやらで代用しても可。いろいろなきのこ類をちびっとずつ合わせてもいいでっせー。
・バルサミコ酢・・・80cc
・白ワイン・・・カップ1強
・ブランデー・・・少々
・オリーブオイル・・・適量
・メリケン粉・・・少々
・バター・・・少々
・塩・コショウ・・・適宜

◆作り方
1.豚肉は筋切りし、塩・コショウをふって下味をつけ、メリケン粉を薄くまぶしつけます。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、肉の両面をこんがりと焼きます。
3.焼き色が付いたら、いっぺんフライパンから取り出しまっせ。
*肉は、あんまり焼きすぎへんのがコツどす。
4.フライパンに残った肉汁のなかにマッシュルームのスライスを入れて、しんなりするまで炒め、塩・コショウしまっせ。
5.豚肉をフライパンかてどし、白ワインを入れて加熱します(フランベします)。
6.豚肉とマッシュルームを取り出し、炒め汁のみをフライパンに残しまっせ。バルサミコ酢を加え、ちびっとに詰まったところでバターを加えてソースをこしらえるんや。
7.おてしょーに肉、マッシュルームをのせ、上からバルサミコ酢のソースを回しかけて出来上がり!
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:14 | 料理レシピ