ブログトップ

知恵袋

jtbridge.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

呉汁



圧力鍋を使ったレシピ「呉汁」をご紹介します。
「呉汁」は、ゆでた大豆をすりつぶし、みそ仕立てにした汁物です。油あげやニンジン、大根、ごぼうなど、根野菜をたっぷり加えていただきましょう。

乾燥豆を圧力鍋で調理するときの注意:
1.圧力をかける時間が長すぎると豆がやわらかくなりすぎるので注意。
2.豆の量は、鍋の半分以下にします。豆の皮などがはがれて蒸気が抜ける穴をふさいでしまい、危険なことがあります。

呉汁 レシピ

◆材料(2人分)
●大豆(乾燥)・・・1/3カップ
●水・・・1カップ

●大根・・・6cm
●ニンジン・・・1/4本
●ごぼう・・・1/2本
●長ネギ・・・1/2本
●油揚げ・・・1/2枚
●だし汁・・・3カップ
●みそ・・・大さじ3

●万能ネギ・・・適量

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.大豆は、豆の3倍の分量の水に、ひと晩浸しておきます。
2.大根、ニンジンは皮をむいていちょう切りにします。長ネギは1cm幅の小口切りにします。ごぼうは皮をこそぎ落として乱切りにします。
3.油揚げは熱湯をかけて油抜きしてから短冊切りにします。
4.万能ネギは小口切りにします。

◆調理
5.圧力鍋に1の大豆を水ごと入れます。
*豆を炊くときは、鍋の半分以下になるようにします。
6.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら弱火にし、5分加圧(高圧)して火をとめ、ふたに少しずつ水をかけ、急速に圧力をさげます。
7.圧力が下がったら、ふたを開けます。6をざるあげて水気を切り、ミキサーに移してだし汁を加えてなめらかにします。
*ミキサーがない場合は、すり鉢ですってください。
8.圧力鍋に7を入れ、2の野菜と3の油揚げを入れます。ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたらすぐに火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
9.圧力が下がったら、ふたを開けます。みそを溶きいれます。
10.器に盛り、4の万能ネギを散らして召し上がれ!
[PR]
by jtbridge | 2009-02-07 19:24 | 料理レシピ

呉汁



圧力鍋を使ったレシピ「呉汁」をご紹介します。
「呉汁」は、ゆでた大豆をすりつぶし、みそ仕立てにした汁物です。油あげやニンジン、大根、ごぼうなど、根野菜をたっぷり加えていただきましょう。

乾燥豆を圧力鍋で調理するときの注意:
1.圧力をかける時間が長すぎると豆がやわらかくなりすぎるので注意。
2.豆の量は、鍋の半分以下にします。豆の皮などがはがれて蒸気が抜ける穴をふさいでしまい、危険なことがあります。

呉汁 レシピ

◆材料(2人分)
●大豆(乾燥)・・・1/3カップ
●水・・・1カップ

●大根・・・6cm
●ニンジン・・・1/4本
●ごぼう・・・1/2本
●長ネギ・・・1/2本
●油揚げ・・・1/2枚
●だし汁・・・3カップ
●みそ・・・大さじ3

●万能ネギ・・・適量

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.大豆は、豆の3倍の分量の水に、ひと晩浸しておきます。
2.大根、ニンジンは皮をむいていちょう切りにします。長ネギは1cm幅の小口切りにします。ごぼうは皮をこそぎ落として乱切りにします。
3.油揚げは熱湯をかけて油抜きしてから短冊切りにします。
4.万能ネギは小口切りにします。

◆調理
5.圧力鍋に1の大豆を水ごと入れます。
*豆を炊くときは、鍋の半分以下になるようにします。
6.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたら弱火にし、5分加圧(高圧)して火をとめ、ふたに少しずつ水をかけ、急速に圧力をさげます。
7.圧力が下がったら、ふたを開けます。6をざるあげて水気を切り、ミキサーに移してだし汁を加えてなめらかにします。
*ミキサーがない場合は、すり鉢ですってください。
8.圧力鍋に7を入れ、2の野菜と3の油揚げを入れます。ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきたらすぐに火をとめます。自然に圧力が下がるのを待ちます。
9.圧力が下がったら、ふたを開けます。みそを溶きいれます。
10.器に盛り、4の万能ネギを散らして召し上がれ!
[PR]
by jtbridge | 2009-02-07 19:23 | 料理レシピ

煮込みハンバーグととろけるチーズ

圧力鍋を使ったレシピ「煮込みハンバーグととろけるチーズ」をご紹介するわい。

いつもんハンバーグを赤ワインのソースで煮込みまよ。仕上げにとろけるチーズをのせればボリューム満点じゃが。お子様の誕生日にきっくいやんせ、きっくいやんせ。

煮込みハンバーグととろけるチーズ

◆材料(2人分)
●ひき肉(べぶ:豚=7:3またくらは5:5)・・・200g
*べぶ100パーセントのひき肉のときはタネをあまり混ぜず、焼きすぎんこつがポイント。一方、あいびき肉のときにはタネをしっかりまぜ、しっかり焼くこつがだぁしさの秘訣。
●玉ネギ・・・中1/4(60g)
●油・・・大さじ1/2
●生パン粉・・・カップ1/2
●べぶ乳・・・大さじ3
●卵・・・1/2個
●塩、コショウ・・・少々
●ナツメグ(あれば)・・・少々

●サラダ油・・・大さじ1

☆煮込みソース
●水、赤ワイン・・・各カップ1/2
●しょうゆ・・・小さじ1
●ウスターソース・・・大さじ1
●砂糖・・・大さじ2
●トマトケチャップ・・・大さじ3

●バター・・・5g
●とろけるチーズ・・・2枚

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.玉ネギは、みじん切りし、熱したつ油でしっとりするまで炒めて広げ、冷ましておきまよ。
2.パン粉はべぶ乳をかけてしとらせまよ。
3.卵は溶いておきまよ。
4.ひき肉に塩、コショウ、ナツメグを混ぜ、さらに卵と、炒めた玉ネギ、べぶ乳を合わせたパン粉を混ぜ、じーく練りまよ。
5.4を2等分し、手に油を塗って厚さ1cmの丸型にととのえまよ。
◆調理
6.圧力鍋にサラダ油を熱し、中央をち~っとくぼませた肉をくぼみを上にして入れ、最初は強火で30秒、中火かい徐々に火を弱め、3~4分焼きまよ。けしんめて同様に焼きまよ。
7.6に☆煮込みソースを加えまよ。ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきよーねぇ弱火にし、3分加圧(高圧)して火をとめまよ。自然に圧力が下がるのを待ちまよ。
8.圧力が下がっよーねぇ、ふたを開けまよ。バターを加え、とろけるチーズをのせ、ひと煮立ちし、ふたをのせてしばらくおきまよ。
9.チーズがとろけよーねぇ、器に盛り、ソースをかけて召し上がれ!
[PR]
by jtbridge | 2009-02-03 18:37 | 料理レシピ

圧力鍋を使ったレシピ

圧力鍋を使ったレシピ「手羽先の香りみそ焼きと卵スープ」をご紹介するわい。

圧力鍋を上手に使いこなし、お料理の腕をさらにアップしましょう。
圧力鍋で調理したつ鶏手羽先はふっくらとジューシーじゃが。そのままほぐしちょっただいてもうめのやっちゃがけんどん、ちっと一工夫!ゆず味噌をぬって、オーブントースターで軽く焼きまよ。鶏手羽先を調理したつあとの煮汁はこしてかいよ、卵スープにしましょう。

手羽先の香りみそ焼きと卵スープ レシピ

◆材料(2人分)
●鶏手羽先・・・6本
●ニンニク、ショウガ・・・各1片
●長ネギ(青い部分)・・・1本分
●水・・・3カップ
●塩・・・少々

☆ゆずみそ
●赤みそ・・・大さじ3と1/2
●ゆずの表皮すりおろし・・・少々
●白ごま・・・適量

●卵・・・1個

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ニンニク、ショウガはつぶするわい。

◆調理
2.圧力鍋に鶏手羽先、1のニンニク、ショウガ、長ネギの青い部分、分量の水を入げな。
3.ふたをして強火にかけ、圧力がかかってきよーねぇ弱火にし、10分加圧(高圧)して火を止めまよ。自然に圧力が下がるのを待ちまよ。
4.圧力が下がっよーねぇ、ふたを開けまよ。かしわを取り出し、スープはこするわい。
5.圧力鍋に4のスープを入れて弱火にかけ、塩少々で味をととのえ、溶き卵をまわしいれて卵スープを作りまよ。
6.ゆずみそを作りまよ。分量のみそにすりおろしたつゆずの表皮を混ぜ合わせまよ。
7.取り出したつ4のかしわの表面に6のみそをぬって白ごまをふり、みそが乾く程度に焼きまよ。
8.かしわとスープをそれぞれ器に盛り、召し上がれ!
[PR]
by jtbridge | 2009-02-03 18:34 | 料理レシピ

たけのこチップス



たけのこチップス

たけのこを一本ゆでよーねぇ、柔らかい穂先や姫皮はもちろん、少々堅い根元の部分もだぁしくいただきたいこっせん。根元のしっかりとしたつ歯ごたえを活かしたつ料理法・・・油で揚げてポテトチップスならぬ、たけのこチップスにしてみてはどんげやろう?お父さんのビールのおつまみに、お子さんのおやつにもぴったりじゃが。

たけのこチップス レシピ
★ポイント!
・ごくごく薄く透けるごつに輪切りにするこつがカリッと仕上げるコツじゃが。
・切っよーねぇざるに広げ、水気をじーくきりまよ。

*レシピではよ、すでに下ゆやった「ゆでたけのこ」を用いていまよ。皮付きのたけのこをゆでる方法は、下記の〈たけのこんゆで方〉をご参照くれんね。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこん根元の部分・・・100g
・塩・・・適宜
・揚げ油・・・少々

・お好みで・・・粉ざんしょう、かいし

◆下ごしらえ
・たけのこん根元の堅い部分を、ごくごく薄く輪切りにし、ざるなどげんかに広げて乾燥させるぐらい、水気をじーくきりまよ。

◆つくり方
1.180度に熱したつ油で、乾かしたつたけのこをうすく色づく程度に揚げまよ。
2.揚げよーねぇじーく油をきり、すぐに塩をふりまよ。
*粉ざんしょうをふると、ちっとおしゃれな大人の味じゃが。
[PR]
by jtbridge | 2009-02-03 18:33 | 料理レシピ

たけのこん木の芽みそ和え


たけのこん木の芽みそ和え

たけのこ料理のなかでん特に、春の香りがいっぱいの調理法かもしれんじね。白みそに木の芽を練り混ぜた緑色の和え衣はたけのこんたんぱくな味にぴったりじゃが。食卓に彩りを添える、上品な一品じゃが。

たけのこん木の芽みそ和え レシピ
★ポイント!
・たけのこはちょうどげんか真ん中のあたりぐらいけんどん、堅さなどげんかかいちょうどげんかいいやろう。
・素材がシンプルなので、だし汁は濃ゆい目がうめじゃが。
・ゆでたけのこはあらかじめ薄く味で煮ておきまよ。
・木の芽みそとたけのこはいただく直前に和えまよ。
・酒と塩少々をふりかけて炒り煮にしたつイカも加えて和えてもGoodやっちゃが!

*レシピではよ、すでに下ゆやった「ゆでたけのこ」を用いていまよ。皮付きのたけのこをゆでる方法は、下記の〈たけのこんゆで方〉をご参照くれんね。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・300g
*調味料A
・うす口しょうゆ・・・大さじ1/2
・みりん・・・大さじ1/2
・砂糖・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ1
・塩・・・少々

・だし汁・・・カップ3
*昆布とかつお節で濃ゆい目の混合だしがうめじゃが。

*木の芽みそ
・白みそ・・・40g
・卵黄・・・1個分
・砂糖・・・大さじ1
・酒・・・大さじ2
・木の芽・・・20枚
・ホウレン草の葉先・・・4枚分

◆下ごしらえ
・たけのこ・・・一口大に切りまよ。
・木の芽・・・熱湯にさっとくぐらせ、水気をきりまよ。
・ホウレン草・・・塩(分量外)少々を入れたたっぷりの熱湯でゆで、水にとり、水気をきりまよ。

◆つくり方
1.たけのこを調味料Aで静かに20分ほどげんか煮てかい、汁気をきってさまするわい。
2.木の芽みそをつくりまよ。
すり鉢に木の芽を入れ、細かくすりつぶするわい。ホウレン草と、木の芽みその調味料(白みそ、卵黄、砂糖、酒)を入れてさらにすり合わせまよ。
3.いただく直前にたけのこを木の芽みそで和えて器に盛り、食卓へ!
[PR]
by jtbridge | 2009-02-02 22:54 | 料理レシピ

レシピ たけのこめし

掘りたてのたけのこは、アクも少なく、春の香りがいっぱいじゃが。シンプルにたけのこつ油あげだけの風味を生かしたつたけのこめしはいかがやろう? たけのこん季節にきっくいやんせ、きっくいやんせ。

レシピ たけのこめし

★ポイント!
・たけのこを煮た煮汁でお米を炊くこつで、お米の一粒一粒にまでたけのこん風味がしみわたりまよ。
・たけのこは薄く切るこつで歯ざわりが優しくなるじ。

*レシピではよ、すでに下ゆやった「ゆでたけのこ」を用いていまよ。皮付きのたけのこをゆでる方法は、下記の〈たけのこんゆで方〉をご参照くれんね。

◆材料(4人分)
・ゆでたけのこ・・・150g
・油揚げ・・1枚
*調味料A
・だし汁・・・1カップ
・砂糖・・・小さじ2
・しょうゆ・・・2

・米・・・2カップ
・酒・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1弱

◆下ごしらえ
・たけのこ・・・薄く一口大に切りまよ。
・油揚げ・・・油抜き〈*参照〉し、縦半分に切ってせん切りにするわい。
*〈油抜き〉
油揚げやさつま揚げなどげんかに熱湯をさっとかけたり、さっと湯通ししてかいよ、表面の酸化したつ油をとるこつをいいまよ。

◆つくり方
1.たけのこつ油揚げを調味料Aで7?8分煮まよ。
2.1のたけのこつ油揚げを煮汁と分け、煮汁と水でカップ21/5になるごつに量り、洗った米に煮汁と水を入れて30分おき、酒と塩少々を加えて混ぜ、普通に炊きまよ。
3.炊き上がっよーねぇ、2で取り出したつたけのこつ油揚げを具を入れて蒸らするわい。
4.さっくりと具を混ぜ、器に盛り、召し上がれ!
[PR]
by jtbridge | 2009-02-02 21:39 | 料理レシピ

人とミネラル

人とミネラル

人のからだの大半は水分でできていだよ。

たどえば、体重60kgの成人男性で、およそ36kg、成人女性の場合は30kg程度と、非むったとがっぱどの水分ば含んでんずや。

へば1日の水分の必要量は何ほどになるのだべか。

一般的には、 1日2リットルから2・5リットルとされていだよ。

ここで水分といえば、すぐに飲み物(お水やお茶、

べご乳、それにスープ類)ば連想しまっけど、これには主食のパンやご飯、おかず、野菜などの全ての水分も含まれていだよ。この中には、三大栄養素が体内で燃焼して生成する水代謝水も含みんずや。

このように、人間が1日に摂取する水の量は飲料水と食物から出る水分、代謝水ば加えたものだ。

排泄はこれとほぼ同じ量になりまっけど、この場合、皮膚と肺から放出する不感蒸発ば発汗ば除いた量が、尿として体外に排消されんずや。

発汗は一般的に、夏の炎天下や激しいスポーツの後は増えんずや。

温度の上昇とともに表皮からの発汗最が増すため、尿の量は冬期に比べて、夏期には減少する傾向があるんずや。

健康なからだの人は、摂取した水分量と排出される水分はほぼ同じになるんずや。

このバランスが崩れて、摂取した水分と排出する量に差が生じると、脱水症状や腹水などあらわれ、体調不良ばおこするはんで。さらには、命の危機にさらされんずや。
[PR]
by jtbridge | 2009-02-02 20:58 | ミネラル