ブログトップ

知恵袋

jtbridge.exblog.jp

リコッタチーズ

イタリア原産のチーズには、「チーズの王様」といわはるパルメザンチーズのほかかて、リコッタチーズと呼ばはるチーズがおます。「リコッタ(ricotta)」とは、「ri(もっかい)」「cotta(炊く)」とゆー意味どす。チーズを製造する過程で大量に出来る副産モン、ホエーを「もっかい」「煮詰めた」ことからこの名前がおます。
ホエーとゆーのは、乳清のことで、牛乳から乳脂肪分やカゼインやらなんやらを取り除いたもさかいチーズをこしらえるときに固形モンから分離してできるんでっせ。ヨーグルトを放置しておくと上部に液体がたまったのを見たことがあるさかいはおまへんでっしゃろか?あれが乳清どす。栄養があり、脂しちが低い、優良食品どす。
リコッタチーズは、低脂肪で乳糖がおーいことから、さっぱりとした、ほんのり甘い、裏ごしお豆腐のようなべろ触りどす。

次にご紹介するのは、リコッタチーズとパルメザンチーズを両方使った、ほうれん草のニョッキどす。

リコッタ&パルメザンチーズとほうれん草のニョッキ

◆材料(4人分)
・ホウレン草・・・250g
・卵・・・2個
・リコッタチーズ・・・300g
・パルメザンチーズ・・・200g(生地用150g+仕上げ用50g)
・メリケン粉・・・50g
・バター・・・100g
・ナツメグ・・・少量
・塩・・・少量(チーズに塩気があるさかい控えめに)

◆作り方
1.ホウレン草は柔らかくゆで、こんまいみじん切りにしまっせ。
2.ボウルに1と溶き卵、リコッタチーズ、パルメザンチーズ(生地用の150g」、メリケン粉、ナツメグ、塩を入れて混ぜ合わせます。
3.一口大のボール状にしとつずつ丸めます。
4.沸騰した湯に塩を入れ、3の団子をしとつずつ入れます。
5.2?3分すると表面に浮かび上がるんや。
6.耐熱てしょーに5の団子を入れ、バターと仕上げ用のパルメザンチーズ(50g)を降るんや。
7.180度のオーブンでチーズがほんのり焼き色をつけるまで焼きます。
[PR]
by jtbridge | 2009-02-21 21:13 | 料理レシピ
<< オッソ・ブーコ パスティエーラ >>