ブログトップ

知恵袋

jtbridge.exblog.jp

パンチェッタ

スパゲッティ・ア・ラ・カルボナーラ・・・といえば、カロリーを気にしつつもやめられへん! とゆー方がおーいさかいはおまへんでっしゃろか? 生のベーコンとニンニクをたっぷりのバターで炒め、生クリームにチーズ、卵黄を加えた、しんどいこってりとしたソースでいただくパスタどす。
このカルボナーラに欠かせへんのが、パンチェッタ(Panncetta)どす。
カルボナーラだけでなく、スープの出しとして利用したり、生ハムのようにしてそのまんまいただくこともできるんでっせ。

材料へーたってシンプル・・・豚バラ肉と黒コショウ、ほんで塩だけどす。作り方も簡単ですし、色々な用途に利用できまんねんから、是非、手作りしてみておくんなはれ。

パンチェッタ

◆材料(1回分)
・豚バラ肉・・・1kg
・塩・・・50g(できれば岩塩がGood!)
・粒黒コショウ・・・5g

◆作り方
1.豚肉に塩とコショウを、表面全体に均一になるようよくすり込みまんねん。
2.ジップロックに入れて、冷蔵庫で3日間寝かせまんねん。
*1日ほどすると、豚肉の表面に水分が出てきまんねん。裏表をひっくり返して、全体に塩分が均一にまわるようにしまっせ。
*3日後には、水分が抜け、全体にひとまわり小さくなり、肉が硬く引き締まりまんねん。

3.肉がつかるほどの大きさのボールに水を張り、3日間寝かせた肉を入れまんねん。約2時間そのまんまにし、塩抜きしまっせ。
*塩抜きの加減はお好みで! あんまり抜きすぎると痛みやすく失敗しまっせ。

4.塩抜きしたら、軽く水分を取り、乾燥・熟成させまんねん。ラップをかけんと冷蔵庫に2日ほど置いておきまんねん。
*他のモンに香りが移りまんねんさかい・・・要用心どす。

脂身があめさん色になり、赤身が干からびたようになってきたら、軽くあぶって食べてみまひょ! 本場イタリアでは、1ヶ月以上熟成と完成をさせて仕上げまんねん。燻製にしてもおいしいどす。
[PR]
by jtbridge | 2009-02-19 17:04 | 料理レシピ
<< ラザニア イタリア料理|ピザ >>