ブログトップ

知恵袋

jtbridge.exblog.jp

BOSS終わっちゃった


「BOSS」好きでした。
毎週木曜日が楽しみだったぁ~。
ひとつ楽しみが減ってしまいました。


天海 祐希さん、カッチョイイですね~。
天海 祐希と竹之内 豊さんの金八先生のマネが絶品でした^^

カッコよくて、おもろきゃらを見事演じていて。
戸田 恵梨香さんもかわいくて、まだ若いのに演技がうまい!

「やまも~」こと山村さんを演じる温水 洋一さんキャラ
皆さんのキャラ最高でした。




続編やスペシャルを待って待って待ちわびちゃいますぅ~!!
[PR]
# by jtbridge | 2009-06-27 21:29 | 雑記

ニョッキ&トマトソース

ニョッキは、古代ローマの時代からイタリアで作られてきたパスタの一種です。ジャガイモとメリケン粉の組み合わせでこしらえるんや。ジャガイモの代わりにおかぼを使ったモンや、ほうれん草やリコッタチーズを使ったモンやらなんやらいろいろなバリエーションがおます。

ニョッキ自体の作り方へーたって簡単!

◆材料(4人分)
・ジャガイモ・・・2個
・1.5カップほどの強力粉(ジャガイモの大きさによってメリケン粉の量を加減します)

◆作り方
1.ゆでたジャガイモをマッシュポテトのようにつぶしまっせ。
2.1にメリケン粉を混ぜ、耳たぶほどの硬さになるようこねます。
3.生地を太さ3cmほどの棒状に伸ばしてから、1cm程度の長さで切っていきます。
4.生地をフォークの背で伸ばすようにして生地の表面に縞模様をつけます。裏は親指でくぼませます。こうすることでソースとからみやすくなるさかいす。
5.沸騰したおぶに入れて、浮かんできたら茹で上がりです。
6.茹で上がったモンは冷水にさらしまっせ。
7.トマトソース、ミートソース、チーズ、やらなんやらのソースを準備し、ソースができたらもっかい、ニョッキを軽くゆでててしょーに盛り、召し上がれ!

参考
基本のトマトソース
・・・3?4日は冷蔵庫で持ちますさかい作り置きしてもいいでっしゃろ。
◆材料
・トマトホール缶400g 2缶
・玉おねぎ 1/4個・・・みじん切りしておく
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 30ml
・ローリエ 1枚
・ニンジンの皮、セロリの葉、パセリの茎
◆作り方
1.玉ねぎはみじん切りにしておきます。
2.大きめの鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて温め、香りを立てます。
3.ニンジンの皮、セロリの葉、パセリの茎、玉ねぎのみじん切りを入れて炒めます。
4.玉ねぎが色づくまでよく炒めます。色づいたらトマトホール缶を手で潰しもって入れ、ローリエも加えます。
5.弱火で30分煮詰めます。煮込んでいる最中に、鍋のふちにトマトがくっついてきまっけど、これも丁寧にソースへもどしてあげておくんなはれ。おいしさを逃さへんようにすることがコツです。
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:28 | 料理レシピ

ベシャメルソース

イタリア料理とゆーと? オリーブオイルやオリーブの実、トマトソース、およびそれらを使ったパスタ料理やピッツァを思い浮かべる方がおーいさかいはおまへんでっしゃろか? 確かにこれもイタリア料理やけどアンタ・・・かてこれは地中海に面した南イタリアの料理の特徴です。イタリアの北部は、フランスやスイスと接しており、その影響からミルクを使った料理・・・バターや生クリームをふんだんに使った濃厚なソースが特徴です。
たとえば、グラタンやパスタのソースとして利用さはるベシャメルソースです。基本のレシピを押だければ、あとはすきにアレンジして応用が利きます。ベシャメルソースの命はその滑らかさにおます。牛乳は脂肪分のおーいモンのほうがこってりとした濃厚な味さんどす。

◆材料(約4人分)
・牛乳・・・500cc(脂肪分がおーいモンのほうが滑らかでお勧めです!)
・メリケン粉(薄力粉)・・・30g?50g(仕上げのかたさで調整。ふるいにかけておきます)
・無塩バター・・・50g
・塩・・・ふたつまみ
・ナツメグ・・・小さじ1/2杯

◆作り方
1.まず牛乳を沸かしておきます。

2.別の鍋を火にかけて温め、バターとメリケン粉を入れ、バターを溶かしもって焦げへんようにメリケン粉に絡めていきます。プツプツとしてくるまでかき混ぜることで粉臭さが無くなるんや。だまにならへんように気をつけまひょ。
*厚底の鍋を利用すると焦げにくいです。火は弱火にしまっせ。

3.ペースト状にならはったら、牛乳を50cc加え、さらに50cc、50cc、100cc・・・とちびっとずつ加えていきます。だまにならへんようペースト状にならはったら、次の分の牛乳を加えていくようにしまっせ。
*常にかき混ぜ、滑らかに、焦げ目をつけへんようにすることが大事です。

4.塩とナツメグを加えて、さらにとろみが増したらできあがり!

グラタンやラザニアやらなんやらに利用して召し上がれ!
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:27 | 料理レシピ

ブルスケッタ

ブルスケッタ(Bruschetta)は、イタリアでおつまみや前菜として用いらはる、イタリア中部の郷土料理です。スライスしたバケットにオリーブオイルをかけ、オーブンやフライパンで軽く焼いた上に、ケッカーソースをのせ、オイルサーディンや、バジルやらなんやらのハーブやらなんやらをのせとっただく料理です。ケッカーソースとゆーのは、トマトとバジルの風味が爽やかいなイタリアのソースです。


◆材料(4人分)
・バケット・・・1/4本(はすかいに1.5cm幅に8枚切りにする)
・ケッカーソース・・・60g
(トマト1個、バジルの葉2?3枚、エキストラバージンオイル大さじ2)
・オイルサーディン(缶)・・・4尾(1尾を2枚にスライスする)
・パセリまたはバジル(みじん切り)・・・適量
・エキストラバージンオリーブオイル・・・適量
・塩、白コショウ・・・適量

◆作り方
1.ケッカーソースをつくりまひょ。
(1)トマトは皮を湯むきし、半分に切って種を取り除いたあと、1cm角に切るんや。
(2)バジルの葉は、細かくみじん切りにしまっせ。
(3)ボールに(1)(2)を入れて、塩と白コショウをふり、エキストラバージンオイルで和えて味を調えます。

2.フライパンに切ったバケットを並べ、エキストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけて焼きます。カリッとしたら裏返ししまっせ。

3.バケットにケッカーソース(またはピザソース)を塗り、スライスしたオイルサーディンを1枚ずつのせます。

4.2を入れたフライパンにふたをし、底がカリッとするまで火を通しまっせ。

5.器によそうんや。オイルサーディンの上からパセリ(バジル)をふりかけて召し上がれ!

*オイルサーディンの代わりに、ベーコンや生ハムやらなんやらを使こうてもおいしいです。ベーコンを細切りにし、あればローズマリー少々を合わせて炒めたモンを焼いたバケットにのせ、もっかい底をカリッとさせれば出来上がり!
*ケッカーソースの代わりにピザソースを使こうてもokです。手軽に召し上がりたいときにはあんばいでっせー。
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:26 | 料理レシピ

アーティ白あてのサワークリームソース

今回ご紹介するのは、アーティ白あてを用いた、アンティパスト(前菜)どす。アーティ白あては、日本ではまだまだ馴染みの薄い食材やけどアンタ、イタリア料理やフランス料理では、酢漬けにしたモンをボイルしたチキンと合わせてサラダにしたり、と、御膳によく登場する夏野菜です。和名は「チョウセンアザミ」です。初夏から秋口まで、イタリアの市場では山積みにされたアーティ白あてをよく見かけます。

ゆでたモンは、ジャガイモに似たしこしことした軽い歯ざわりを楽しめます。日本では生のモンは手に入りにくいさかい、瓶詰めのモンを使うとええでっしゃろ。

今回ご紹介するのは、アーティ白あてに爽やかいなサワークリームソースを加えた夏のアンティパストです。

アーティ白あてのサワークリームソース

◆材料(4人分)
・アーティ白あて(瓶詰め)・・・8個
・プチトマト・・・8個
・サワークリームソース
(サワークリーム 1/3カップ、ブイヨン 2/3カップ、バター 小さじ2、薄力粉 大さじ1・1/3)
・ナチュラルチーズ・・・80g
・パプリカ・・・適量
・パセリ(みじん切り)・・・適量
・塩・・・少々
・コショウ・・・少々

◆作り方
1.アーティ白あてはバターで軽く炒め、塩、コショウで下味を付けます。
2.プチトマトは芯と反対の側に十文字の切り込みを入れます。

3.サワークリームソースを作りまひょ。
(1)鍋にバターを入れ、薄力粉に絡めるようにしもって煮溶かし、メリケン粉が色付かいへんように炒めます。
(2)だまにならへんようちびっとずつブイヨンを加え、のばしていきます。
(3)塩、コショウで味を調え、サワークリームを加えて仕上げます。

4.グラタンてしょーにバターをぬり、アーティ白あてとトマトを並べ、3のソースをかけた上に、ナチュラルチーズをのせます。

5.250℃のオーブンで約7分焼きます。

6.焼き上がったら、パプリカとパセリをふって召し上がれ!
[PR]
# by jtbridge | 2009-02-21 21:25 | 料理レシピ